歴史街道計画

歴史街道計画

Vision

中央省庁・自治体・民間企業・各地域や市民の方々に支えられ、
「歴史街道づくりの提言」(1988年発表)から、
早30年を迎えた歴史街道。

古代から現代までの時代に沿って、歴史的な名所が連なり、
その周囲を南北に分かれて、戦国の舞台と静かなる霊場が取り囲む。

いつの時代、どの場所に赴いても、
そこには、日本独自の文化があり、先人達の心がある。

歴史街道を知った皆さんには、ぜひ各地を訪れ、
この国の文化や歴史を体感し、世界でも類を見ないほど多彩であることを誇りにしていただきたい。

私たち歴史街道推進協議会が目指す「歴史街道計画」は、
先人からの贈り物であるこの豊かな文化を受け継ぎ、
また自分達の手で守り紡ぎ、新たな世代へ繋げてゆく、
歴史的なプロジェクトなのです。

2019年3月 歴史街道推進協議会

古代~近代へ
歴史をたどる21の舞台

歴史街道のメインルートは、神話のまち伊勢。古代から中世にかけて三つの都、飛鳥、奈良、京都。元禄文化が花開いた商都、大阪。そして、明治以降の国際交流を象徴する都市、神戸。これら日本師を代表する各地を結び、歴史の舞台を旅するルートです。

  • 古代史 古代史ゾーン
  • 奈良時代 奈良時代ゾーン
  • 平安・室町時代 平安・室町時代
    ゾーン
  • 戦国・江戸時代 戦国~江戸時代
    ゾーン
  • 近代史 近代史ゾーン
  • 紀伊半島 紀伊半島ゾーン
  • 伊勢

    八百万神の統率者、天照大神をまつる内宮と、収穫の神、豊受大神をまつる外宮からなりたっています。 木文化の代表として有名なこの建物は、石文化を代表するパルテノン神殿としばしば対比されます。 廃墟と化したパルテノン神殿に比べ、この伊勢神宮は今も行き続け、「生なり」の伝統を現代社会に伝えています。

    飛鳥

    飛鳥の地には渡来人の手によるという数々の石造物があります。亀石、酒船石、鬼の雪隠、鬼の俎板等。誰が、また何の目的で造られたのか、もの言わぬ石造物が、古代へのロマンをかきたてます。

    山の辺の道

    日本最古の官道のひとつ。奈良から桜井に至る約35kmの古道沿いには、石上神宮、長岳寺、大神神社などの寺社のほか数多くの古墳が点在しています。

    斑鳩

    法隆寺一帯は、古代美術の宝庫。仏像はもちろん、玉虫厨子、天寿国繍帳など、国宝や重要文化財が2000点近くあります。 この寺を発願聖徳太子は、仏教伝来に伴う崇仏派・蘇我氏と崇神派・物部氏の争いに際し、「神仏習合」の知恵をあみだしました。

  • 唐招提寺

    白鳳時代の伽藍をもつ薬師寺とならび、西の京に建つ唐招提寺。 「天平の甍」で名高い金堂をはじめ平城京の東朝集殿を移築した講堂、鑑真和上像を安置する御影堂、正倉院より古い二つの校倉などが、緑の中に堂々と建っています。

    平城宮跡

    唐の都・長安をモデルに710年に造営された平城京。東西5.9キロ、南北4.8キロの新都は、藤原京の3.5倍の広さを誇りました。

    奈良公園周辺

    シルクロードの終着点・奈良。奈良公園の中心となる大仏殿は、世界最大の木造建築です。巨大な寺院や大仏建立にこめられた願いが、1200年たった今にまで伝えられてきます。

  • 宇治

    宇治は、源氏物語・宇治十帖の舞台。平安時代にはここに、当時の貴族たちが競って別荘を建てました。11世紀、藤原氏による平等院もその一つです。貴族社会の成熟や日本独自の文化の目覚めが感じられます。

    東山

    798年、征夷大将軍坂上田村麻呂が私財を寄進して創建された清水寺。豊臣秀吉の夫人・北政所ゆかりの寺院として知られる高台寺、京都の代表的な「祇園祭」を祭礼とする八坂神社。 南は清水から北は八坂から知恩院にかけて、東山の一帯に広がる裾野には、歴史的な史跡が点在しています。

    岡崎

    794年に造営された平安京大内裏朝堂院を建都1100年を記念して、5分の3のスケールで復元したもの。回遊式庭園の神苑は、枝垂桜や菖蒲、睡蓮など四季おりおりの趣があります。平安神宮とその南側に広がる岡崎公園一帯は、美術館や伝統産業館など、文化ゾーンとなっています。

    きぬかけの路

    衣笠山の名前の由来となった「きぬかけ」という雅なよびかたで親しまれている「きぬかけの路」沿いには、足利家の菩提寺・等持院、枯山水の代表的な庭園をもつ竜安寺、北山文化のシンボル・金閣寺、御室桜で有名な仁和寺など、北山文化の名残をとどめた華麗な文化財が残されています。

    嵐山・嵯峨野

    景勝地としてよく知られた嵐山・嵯峨野。平安時代、伊勢神宮に仕える斎王が身を清めた野宮神社や足利尊氏の創建である天竜寺など多くの寺社が点在しています。

  • 二条城

    豊臣秀吉と徳川家康の「二条城会見」の舞台です。江戸幕府の成立後は徳川の宿所に、後には慶喜による大政奉還の舞台ともなりました。

    天王山

    天下分け目の合戦「山崎合戦」の舞台となった天王山。標高270mの山頂には、この戦いに勝利した羽柴秀吉が築城した山崎城跡が残されているほか、宝積寺や大念寺、観音寺、酒解神社などの古社寺があります。

    大阪城

    山崎合戦」に勝利した豊臣秀吉は、柴田勝家を賤ケ岳に破ると、大阪の石山本願寺跡に大坂上を築き、ここに移りました。 その後、小牧・長久手の戦い、小田原征伐を経て、全国統一を成し遂げました。

    道頓堀

    元禄時代から続く繁華街・道頓堀には1620年代から遊所や芝居小屋の設置が認められていました。近松門左衛門や竹本義太夫が活躍したのもこのあたりです。 日本橋付近には、文楽の後継者育成を目的に建てられた国立文楽劇場があります。

    適塾

    元禄時代から続く繁華街・道頓堀には1620年代から遊所や芝居小屋の設置が認められていました。近松門左衛門や竹本義太夫が活躍したのもこのあたりです。 日本橋付近には、文楽の後継者育成を目的に建てられた国立文楽劇場があります。

  • 大正13年に創立された宝塚少女歌劇団の本拠地(現在は宝塚歌劇団)です。日本で最初のレビュー「モンパリ」が上演された劇場です。花、月、雪、星、宙の5つの組に分かれて交替で公演を行っています。

    奈良時代、行基によって開かれた温泉寺を中心に開けた有馬温泉には、その時代時代に、様々な人々が訪れています。

    明治の開港以来、神戸には海外から多くの人々が移り住んで来ました。港に近い外国人居留地に加え、外国人と日本人の両方が住む「雑居地」なるものが設けられました。

    19世紀半ば、日本は列国からの開国要求に応じ、函館、神奈川、兵庫、長崎の4港を開港しました。神戸港は海外の様々な文化の窓口として、その役割を果たしてきました。

歴史街道計画3つの目標

歴史文化を活かした

  • 「情報発信」

    歴史文化とふれあう様々なイベントを開催し、あらゆるメディアを活用して国内はもとより世界中の人々に日本独自の歴史や伝統を魅力的にアピールします。

  • 「地域づくり」

    古い町並みや貴重な自然環境を守り、有効活用し、歴史街道にふさわしい雰囲気とその地域の人々の暮らしに根づいた、ゆとりと潤いある心地よい環境づくりをめざします。

  • 「余暇づくり」

    めざすは歴史の現場を舞台にした巨大テーマパーク。訪れる誰もが知的興奮を味わえる素敵な旅を演出。レトロバスや、博物館やモニュメントなど楽しい空間づくりを考えています。

5つの事業

  • Information

    国内外へ、日本文化の情報発信

    MORE
  • Creation

    歴史文化を活かす、まちづくり

    MORE
  • Amusement

    歴史文化を楽しむ、余暇づくり

    MORE
  • Experience

    歴史文化を学ぶ知的体験

    MORE
  • Network

    地域人的ネットワークの形成

    MORE

歴史街道計画は、皆様と一歩ずつ前へ進みながら、
これからも発展してまいりますので、応援くださいますようお願いいたします。

個人で応援下さる方

お一人様~ご家族・友人とお楽しみいただけるイベントやツアーをご準備しておりますので、ぜひご参加ください。

時空の旅・歴史街道へ
歴史街道倶楽部へ

法人・各種団体で応援下さる皆様

各種特典や会員様向けのイベントなどがございますので、ぜひご入会ください。

賛助会員入会案内へ
歴史街道倶楽部へ

事業計画および活動内容で、ご興味のある分野は下記までお問合せください。

歴史街道推進協議会 総務部
大阪府大阪市北区中之島2-2-2 大阪中之島ビル7F
TEL 06-6223-7744 (受付:月~金 / 10時~17時)